本を読もう 13 「あさになったのでまどをあけますよ」

荒井良二 『あさになったのでまどをあけますよ』

今日絵本紹介します。

日本の絵本作家、荒井良二(あらい りょうじ)さんの作品です。

絵本より)

あさになったので まどをあけますよ

やまは やっぱり そこにいて
きは やっぱり ここにいる
だから ぼくは ここがすき

うみは やっぱり そこにいて
そらは やっぱり そこにある
だから ぼくは ここがすき


***************************************************************

で、くで、で、それぞれの場所に、それぞれのがきます。

「あさになったのでまどをあけますよ」

まどをけると、そこにあるのは、いつもとちっともかわらない風景です。

けれども、そのあたりまえの風景き、自分らすこの場所き。そういえるのは、とてもせなことだといます。

自分場所」で、今日もあたらしいえるび。荒井良二さんのエネルギッシュなとともに、そんなびがわってきます。

 
カテゴリー: ■ 本を読もう/Books, 今日の言葉 | コメントは受け付けていません。

1954年(昭和29年)の日常(にちじょう)

祖父母い写真紹介します。

に、結婚式写真をのせましたが(1952年の結婚式(けっこんしき))、今回日常したものをんでみました。

これは会社風景です。
にあるのは、黒電話、そろばん、灰皿など、では会社から姿してしまったものばかり。

これはみでしょうか。がぐちゃぐちゃなのもおいなしに、そばをべています。

この人はわたしの祖父です。
29というのは1954のことです。

これは麻雀をしているところ。
「おじいちゃんは麻雀かった」というをよくかされました。

こちらは麻雀をしている祖母

これは病院入院していたときの写真だそうです。

これはれて、さかったときの写真です。

このときている着物を、もときどきせてもらいました。
着物は、そんなふうに代々がれていきます。

写真ていると、日本は60に、すっかりわってしまったのだとじます。

祖母でひっそりと時代えてきた写真るのがきです。

 
カテゴリー: その他, 今日の言葉 | コメントは受け付けていません。

亀戸天神(かめいどてんじん)の 藤(ふじ)まつり

亀戸天神(東京都 江東区)の 藤(ふじ)のです。

5月6日(火)まで 「藤まつり」が開催されています。

亀戸天神のはとても有名なのだそうですが、はわたしはつい最近まで ここのことを まったくりませんでした。

ったきっかけは、ロシアの留学生の「週末、亀戸天神で ふじを ました。」という発言
無知なわたしは「富士?・・・富士山?」と、とんちんかんなしをして、その留学生も「あれ?」という表情

から、「藤(ふじ)」だったことにがつきました。
ものをらない日本語教師でおずかしい。

でも、それがきっかけで亀戸天神をれ、しむことができました。

新緑のやわらかいがとてもきれいでした。


亀戸天神(かめいどてんじん)
http://www.kameidotenjin.or.jp/fujimatsuri/

 
カテゴリー: 今日の言葉, 花/Flower | コメントは受け付けていません。