カテゴリー別アーカイブ: ■ 本を読もう/Books

本を読もう 10 「ハチの話」

みなさん、渋谷(しぶや)の「ハチ公(こう)」を 知っていますか。

渋谷駅の 前にある 犬の銅像(どうぞう)です。
よく 待ち合わせの 目印(めじるし)に 使われています。


(忠犬ハチ公)

「ハチ」は、本当に いた犬です。
おそらく 日本で 一番 有名な 犬では ないでしょうか。

ハチは、死んでしまった 飼い主の 帰りを、何年も 何年も 渋谷の前で 待ち続けました。その姿が 人々に 感動を与え、渋谷駅の前に ハチの銅像が 作られました。

今では、ハチの銅像渋谷の シンボル(symbol)に なっています。

わたしも この本を 読んで とても 感動しました。

日本では とても 有名物語なので、みなさんも ぜひ一度 読んでみてください。

レベル別日本語多読ライブラリー にほんごよむよむ文庫 レベル1 vol.1

 
カテゴリー: ■ 本を読もう/Books, 今日の言葉 | コメントは受け付けていません。

本を読もう 9 「あのころ」


「あのころ」さくらももこ (集英社文庫)

「ちびまるこちゃん」の作者、さくらももこさんが 子ども時代の思い出を綴った(つづった)エッセイです。

「夏休みの宿題」、「マラソン大会」、「自転車の練習」、「きょうだいゲンカの話」など、15の短いお話が入っています。

どのお話も「ちびまるこちゃん」の漫画(またはアニメ)ような調子なので、おもしろくて すらすら読み進められます。

だれもが子ども時代に経験したようなエピソードばかりで、懐かしい(なつかしい)気持ちになれる一冊です。

ちょうど今の時期に読んで おもしろかったのが、「夏休みの宿題」というお話です。
日本の小学校では、夏休みに、絵日記、読書感想文、植物の観察記録、計算ドリル、夏休みの自由研究など、たくさんの宿題が出ます。

まるちゃんが、夏休みの最後の3日間で その大量の宿題を 片付けるために奔走するというお話なのですが、家族も巻き込んで ばたばた宿題を仕上げる様子がおもしろくて笑えます。

みなさんも 子ども時代に こんなことがありませんでしたか。
夏休みに宿題がない国もあるかもしれませんね。

今この本をプライベートレッスンで韓国の学習者の方と一緒に読んでいるのですが、国を越えて「懐かしい」という気持ちを共有できて、とても楽しいです。

 
カテゴリー: ■ 本を読もう/Books, 今日の言葉 | コメントは受け付けていません。

かんさい絵ことば辞典


 かんさい絵ことば辞典

「めっちゃ おもろい(とても おもしろい の関西弁)」関西弁(かんさいべん)辞典を見つけました。読んでいるうちに、関西弁への愛が芽生える(めばえる)一冊です。

ちなみに、「おもろい(おもしろい)」は「い形容詞」なので、否定形は「おもろくない」ですが、関西の人はよく「おもろない」と言いますね。関西弁では、「く」は省略?

さて、本の中身ですが

「なんぼ(いくら)」
「しもた(しまった)」
「めっさ(とても)」
「ちゃう(ちがう)」
「あかん(だめ、よくない)」
「ぼちぼち(そろそろ)」

などなど、よく使われる関西の言葉 約200語が、くすっと笑えるイラストで紹介されています。

イラストが、何とも言えず、可笑しい(おかしい)。

最近はテレビでも関西弁が飛び交って(とびかって)いるので、「あ、これは聞いたことある」、「これって関西弁だったんだ」という言葉もあると思います。

関西の文化や、関西人の習慣などを紹介したコラムもおもしろいです。

関西在住の留学生にはとくにおすすめ!

作者は、大阪在住のイラストレーター、ニシワキタダシさん。
(ニシワキタダシさんのブログ http://ameblo.jp/kansai-ekotoba/

DVDも出ているそうです。


 
カテゴリー: ■ 本を読もう/Books, 今日の言葉 | コメントは受け付けていません。