カテゴリー別アーカイブ: ■ 本を読もう/Books

本を読もう 5 「おいしい雑学」


おいしい雑学 究極の300メニュー (ペイパーバックス)

香港出身の、許俊明(キョシュンメイ)さんが、「たび・旅・Journey!」に続いて、二冊目の本を紹介してくれました。

******************************************************************

最近、電車に乗ると、みんなは集中に静かにケータイをみているって面白い現象をよく見つけた。それは、スマートフォンの魅力の証拠だ(笑)
現代の若者たちはいつでも、どこでも、スマートフォンから離れられないようにずっと見ている。なぜなら、今のスマートフォンで、できないことがあるだろうか⁈インターネットや、facebookや、チャットや、ゲームなどたくさん機能があるんだから。スマートフォンは生活の一部分だと思っている人がいないわけはない。
一方、スマートフォンが普及すると、昔の生活の習慣も変わってきた。代表的には読書だと思う。昔は、電車でも、コーヒーショップでも、公園でも、本を読んでいる人がよく見つけていて、しかも、読んでいる本は小説、雑誌、新聞、漫画などたくさん種類があるが、今はその現象はどんどんなくなってきた。
もちろん、スマートフォンで新聞や、本や、漫画などを読む人がいると思っているが、それもよくない習慣と思う。スマートフォンは便利で、ほぼ真面目に読むではなく、ただテーマとちょっと内容を簡単に読んで、すぐかえて、他のアプリや、ゲームなどを使う人が多いと思う。
読書の良いところは、ただ本の内容から、知識だけもらえるではなく、本の読む過程にも、心霊と心境も平静になると思う。
したがって、皆さん、外に出かけたら、スマートフォンはカバンに入れて、かえて本を開けて、読んでみてくださいね(^^)
では、今回紹介したいのは、おいしい雑学という本である。雑学って、多分知らない人がいると思うが、実は雑学の内容はみんなよく知っている知識ではなく、逆に、日常の生活の中、よく知らない知識が多い。内容は日常の生活に関するので、たくさん生活の言葉と表現を習えると思う。さらに、文章が短くて、電車でも、レストランでも、カフェでも、読みやすいと思う。今回のおいしい雑学という本は、食にまつわる話なので、食べることが好きな皆さん、ぜひ読んでみてくださいね(^^)

*****************************************************************

俊明さん、「本を読みたいな」という気分にさせてくれる紹介文を、どうもありがとうございました。食べ物にまつわる雑学、おもしろそうですね。

 
カテゴリー: ■ 本を読もう/Books, 今日の言葉 | コメントは受け付けていません。

本を読もう 4 「MAISHA」 


MAISHA
http://www.maishamagazine.com/

今回は、台湾出身の李欣諭(あいり)さんが、インテリアの雑誌を紹介してくれました。
送ってくださった文をそのまま掲載(けいさい)します。

*******************************************************************

わたしが日本語を勉強して一年になって、来年四月に専門学校に行く。台湾で「劇的ビフォーアフター」という番組をみると日本の空間デザインに興味を持ち、以前二、三回日本に旅行したとき、原宿ショップデザインと雑貨屋などの魅力にひきつけられて、日本でデザインを学びたい心が強くなった。わたしがデザインに熱情をもって、デザインを一生の仕事にしたいと思っている。
私は日本の建築とかインテリアとかに興味を持っている。日本にいる間に特色がある地方へ旅行したり、写真を撮ったり。東京の建築ものはどんな感じですか?または京都の建築ものはどんな感じなのか、知りたくて、知りたくて、好奇心をそそられる。

東京の建築物が私にシンプルなデザインと感じるけど、シンプルの中に好き勝手にものを飾りたり、インテリアたり、調和すると、なごみ空間が出てきて、そうすると、シンプルでもシンプルじゃなくなるでしょうか。特にこの雑誌の中にはいろいろな風格の空間のインテリアの方法を紹介する。一番好きなのは『自然素材とコンクリートが調和する、なごみ空間』という紹介だ。
日本の建築物と台湾の建築を比べると、コンクリートとモルタルなど材料で建てた物が多いと思うけど、ただシンプルの見た目なのに日本らしいスタイルがある。このようにシンプルの建築物の魅力をひきつけられて、日本的なものが感じられるデザインをもっと発見したいと思っている。

この本はいろいろなひとが住んでいる部屋を紹介して、部屋はどんな雰囲気なのか、ひとって生活によって、性格によって、好みによって、へやのかざりものが違う、家具が違う、位置が違う。それでも 部屋に注いだ心を込めるのは同じものだろう。もし、最近 雰囲気がかわりたい、部屋をインテリアしたい、この雑誌を薦めるよ。一緒にインテリアしましょう。

********************************************************************

あいりさん、雑誌の紹介を どうもありがとうございました。
日本にいる間に、日本の建築やインテリアをたくさん見て、楽しんでください!おもしろい日本の建築なども 紹介してもらえたら うれしいです。

 
カテゴリー: ■ 本を読もう/Books, 今日の言葉 | コメントは受け付けていません。

本を読もう 3 「だるまちゃん と てんぐちゃん」


だるまちゃんとてんぐちゃん(こどものとも絵本)


今日 紹介するのは、絵本(えほん)です。
よく行く カフェの 本棚(ほんだな)にあったので、読んでみたら、なかなか おもしろくて、すっかり 気に入りました。 くすくす 笑える 一冊です。

一緒に 遊んでいる うちに、てんぐちゃん(絵の左)の 持っているものが ほしくなる だるまちゃん(絵の右)。

まずは、うちわ。 「てんぐちゃんの ような うちわが ほしいよう」

次に、帽子(ぼうし)。 「てんぐちゃんの ような ぼうしが ほしいよう」

次に、はきもの。 「てんぐちゃんの ような はきものが ほしいよう」

最後は、なんと、お鼻(はな)。 「てんぐちゃんの もってるような あかくて ながくて とんぼの とまる はなが ほしいよう」

だるまちゃんが、「ほしいよう」と 言うたびに、だるまちゃんの 家族は だるまちゃんの 気に入るものを 探して(さがして)あげます。 最後は、お鼻まで・・・。
あとは、読んでからの お楽しみ。

この 絵本、絵も すごく かわいいです。

 
カテゴリー: ■ 本を読もう/Books, 今日の言葉 | コメントは受け付けていません。