本を読もう 5 「おいしい雑学」


おいしい雑学 究極の300メニュー (ペイパーバックス)

香港出身の、許俊明(キョシュンメイ)さんが、「たび・旅・Journey!」に続いて、二冊目の本を紹介してくれました。

******************************************************************

最近、電車に乗ると、みんなは集中に静かにケータイをみているって面白い現象をよく見つけた。それは、スマートフォンの魅力の証拠だ(笑)
現代の若者たちはいつでも、どこでも、スマートフォンから離れられないようにずっと見ている。なぜなら、今のスマートフォンで、できないことがあるだろうか⁈インターネットや、facebookや、チャットや、ゲームなどたくさん機能があるんだから。スマートフォンは生活の一部分だと思っている人がいないわけはない。
一方、スマートフォンが普及すると、昔の生活の習慣も変わってきた。代表的には読書だと思う。昔は、電車でも、コーヒーショップでも、公園でも、本を読んでいる人がよく見つけていて、しかも、読んでいる本は小説、雑誌、新聞、漫画などたくさん種類があるが、今はその現象はどんどんなくなってきた。
もちろん、スマートフォンで新聞や、本や、漫画などを読む人がいると思っているが、それもよくない習慣と思う。スマートフォンは便利で、ほぼ真面目に読むではなく、ただテーマとちょっと内容を簡単に読んで、すぐかえて、他のアプリや、ゲームなどを使う人が多いと思う。
読書の良いところは、ただ本の内容から、知識だけもらえるではなく、本の読む過程にも、心霊と心境も平静になると思う。
したがって、皆さん、外に出かけたら、スマートフォンはカバンに入れて、かえて本を開けて、読んでみてくださいね(^^)
では、今回紹介したいのは、おいしい雑学という本である。雑学って、多分知らない人がいると思うが、実は雑学の内容はみんなよく知っている知識ではなく、逆に、日常の生活の中、よく知らない知識が多い。内容は日常の生活に関するので、たくさん生活の言葉と表現を習えると思う。さらに、文章が短くて、電車でも、レストランでも、カフェでも、読みやすいと思う。今回のおいしい雑学という本は、食にまつわる話なので、食べることが好きな皆さん、ぜひ読んでみてくださいね(^^)

*****************************************************************

俊明さん、「本を読みたいな」という気分にさせてくれる紹介文を、どうもありがとうございました。食べ物にまつわる雑学、おもしろそうですね。

 
カテゴリー: ■ 本を読もう/Books, 今日の言葉   パーマリンク

Comments Closed

コメントは受け付けていません。