夏のスイーツ

少しずつ夏が近づいてきました。
暑い季節に食べたくなる、見た目も 食感も 涼しげな 日本のスイーツを ご紹介します。

かき氷(かきごおり)「宇治金時(うじきんとき)」とバニラアイス。
抹茶(まっちゃ)と小豆(あずき)の かき氷を 「宇治金時」といいます。

クリームあんみつ
寒天(かんてん)、小豆(あずき)、フルーツ、白玉(しらたま)、アイスなどが入っています。

京都の老舗(しにせ)お茶屋さん「福寿園(ふくじゅえん)」でいただいた「ジュレ 季節のフルーツ 濃茶掛け」。お茶のお店なので、スイーツにもお茶が使われています。

京都の老舗(しにせ)和菓子屋さん「老松(おいまつ)」の「夏柑糖」というお菓子。さっぱりおいしい夏の味です。

同じく「老松(おいまつ)」というお店の「わらび餅」。氷水に入って出てくるのはきっとこのお店だけだと思います。とろける食感です。

これは、デパ地下(デパートの地下の食料品売り場)で見かけたケーキです。あまりにもきれいなので、写真を撮ってしまいました。

日本はスイーツがおいしいです。
ちなみに、スイーツ(sweets)というのは お菓子やケーキなどのことです。

 
カテゴリー: 今日の言葉, 食べ物/Food   パーマリンク

Comments Closed

コメントは受け付けていません。