春が来た

ようやく 春(はる)らしく なってきました。

梅(うめ)が 今ちょうど 満開(まんかい)です。

梅(うめ)が 出てくる 俳句(はいく)を ひとつ ご紹介(しょうかい)します。

梅一輪 一輪ほどの あたたかさ  
うめいちりん いちりんほどの あたたかさ

梅(うめ)が 一輪(いちりん)咲くごとに、日に日に 暖(あたた)かくなっていく 春(はる)のようすを よんだ 俳句(はいく)です。

服部嵐雪(はっとり らんせつ)という人の 作品(さくひん)です。

梅(うめ)の枝(えだ)に、鶯(うぐいす・・・鳥の名前)が いました。
電線(でんせん)が あるのも、日本らしい 風景(ふうけい)でしょうか。

こちらは「あんず」です。
「梅(うめ)」とよく似(に)ていますが、よく見ると、花の形(かたち)が 少しだけ 違(ちがい)います。

春(はる)は 気持(きも)ちのいい 季節(きせつ)ですね。
今から桜(さくら)が 待(ま)ち遠(どお)しいです。

 
カテゴリー: 今日の言葉, 花/Flower   パーマリンク

Comments Closed

コメントは受け付けていません。