本を読もう 13 「あさになったのでまどをあけますよ」

荒井良二 『あさになったのでまどをあけますよ』

今日絵本紹介します。

日本の 絵本作家、荒井良二(あらい りょうじ)さんの 作品です。

絵本より)

あさになったので まどをあけますよ

やまは やっぱり そこにいて
きは やっぱり ここにいる
だから ぼくは ここがすき

うみは やっぱり そこにいて
そらは やっぱり そこにある
だから ぼくは ここがすき


***************************************************************

で、くで、で、それぞれの 場所に、それぞれの が きます。

「あさになったのでまどをあけますよ」

まどを けると、そこに あるのは、いつもと ちっとも かわらない 風景です。

その あたりまえの 風景き、自分らす この 場所き。
そう いえるのは、とても せなことだと います。

自分場所」で、今日も あたらしい える び。

荒井良二さんの エネルギッシュな とともに、そんな びが わってきます。

 
カテゴリー: ■ 本を読もう/Books, 今日の言葉   パーマリンク

Comments Closed

コメントは受け付けていません。